私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたの

私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、その手の本やサイトを調べたところ、葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いと、共通して書かれていたため、葉酸をサプリで摂り始めました。いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、出産まで葉酸を摂ることに決めました。

どんなビタミンもそうですが、葉酸も人には欠かせないものです。ほとんどの方は食事だけで必要な葉酸が摂れているようですが、特に妊娠初期に葉酸を摂ることは、胎児の発育にとって重要なので葉酸をきちんと摂取できるようにしないと油断すればすぐに葉酸が欠乏します。

サプリなどはいつから飲めば良いかというと、お腹に赤ちゃんがいることがわかったらすぐ始めれば胎児の発育のためには良いでしょう。できることなら、妊娠を考えているときから摂るのが望ましいというくらいで、葉酸の摂取に早すぎることはありません。

葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だというのはもはや常識ですが、葉酸の摂取を妊娠前に行うことで受精率や着床率が上がるといわれているのです。
妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。ということは、妊娠の成立にも葉酸は必要になりますし、赤ちゃんが順調に発育する過程でも出産まで必要になってくるものですから、子作りを決めてから授乳が終わるまでの期間、欠かさず葉酸を摂ってください。なるべく体温を上げたり、代謝を良くしたりすると妊娠しやすい体になっていきます。

日頃から運動をしないという妊活中の女性は、可能な限り運動を心がけましょう。


大変な運動でなくて構いませんので、運動の中でもストレッチやヨガのようなリラックスして出来るものが効果的です。今日ではヨガスタジオの中で「妊活ヨガ」なるものも登場しており、注目が集まっているようです。お腹に赤ちゃんがいることで、母体の気持ちや毎日の生活が変わることもあるでしょう。そこで意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、ストレスが自律神経に影響することもあります。



妊娠によって起こるホルモンバランスの変化や毒素の排除で、つわりが生じてくるのですが、自律神経のバランスが崩れて起こることも考えられます。母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整するように作用するのでつわりの症状を抑えるのにも有効だと考えてください。
一見すると無関係なように感じますが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、重要な関連性があることが分かっています。

近年の研究により、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりのリスクを高めることが明らかになりました。妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。


妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合はなるべく早く治療を受けた方がいいと思います。葉酸が不足するからと言われ、サプリメントは妊娠初期から欠かすことなく飲んでいました。
なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってからこれからはカルシウムも摂らなければならないと気づいて今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、吐き気がして、お腹を壊してしまいました。

妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ産院で出された鉄剤を飲むことになりました。



それなら妊娠初期からカルシウムや鉄分が配合されたマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。
妊活時はひときわ、ストレス解消に努めることが不可欠です。



そう考えると、お風呂でリラックスするということはいいことではありますが、体に余分な負荷を掛けるべきでないということを考慮すると長すぎる入浴時間や熱すぎるお湯は避けるべきです。意外ですが熱は、体に負担をかけてしまうのです。妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。

皆さんご存知のように、煙草を吸う事で様々な悪影響が体に与えられ健全な妊娠に差し障る場合があります。

こうした問題は女性だけではなく男性側にも言えるでしょう。喫煙の影響による障害としては、女性は排卵障害、男性については、精巣の機能が低下するといった影響があるようです。

妊活中の場合は女性だけでなく男性も喫煙を中止するようにしてください。


暑い時期には思わずキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、妊活を行っている時は普段以上にできるだけ体の熱を奪うような飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。

飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、いつも体を温かくするよう気を付けましょう。