意外に思われるかもしれませんが、

意外に思われるかもしれませんが、妊活にあたって日常生活の中でも意識して変えていきたいのが、歪んだ骨盤を整える事です。



近年は、妊活ブームもあってか体への負担が極力少なくて済む手軽で効果的な体操を教えてくれるような動画も増えているようです。

直接的に妊娠に繋がる子宮や卵巣は骨盤内にあるのです。

歪んでしまった骨盤を正常に戻して血液が十分に流れるようにすれば妊娠しやすい体になるという訳ですね。人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず全身に血液が良く行きわたるようにすることが特に大事な役割です。


身体に様々な悪い影響を及ぼすのが血液循環の滞りで、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性や不妊を引き起こすともされているのでなかなかそれらの症状がよくならないというなら、一度、葉酸を摂るように努めてみると症状が軽くなることもあるとされます。このとき、ビタミンEも摂るようにすると血行改善効果は相乗的に高まると言われます。必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと妊娠していないときより多めとなり、倍近い480μgの摂取が不足にも過剰にもならない量です。

葉酸は母体にも胎児に重要な栄養素ですが、摂りすぎには十分注意してください。

大量の葉酸を摂り続けると発熱や身体のかゆみと言った症状を引き起こす可能性があるので、たくさん摂れば良いというものでもないのです。

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。



その摂取をいつまで続ければいいのかと言えば、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。


いろいろな事情でそれが難しければ、最短でも、妊娠中期までの間は葉酸を多く摂るよう心がけてください。なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなくお母さんにとっても重要な栄養素です。



必要量が摂取できるように常に気をつけるべきだからです。女性の場合は赤ちゃんがほしいなら、飲酒は控えるよう指導される場合が多いです。なぜならば、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて妊娠しているという認識がまだない時期に、アルコールがお腹の中の赤ちゃんに影響しないようにするためです。そして、アルコールの作用によってホルモンバランスが乱れたり体を冷やすおそれもあるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには避けるべきものだからです。ビタミンB群として、葉酸は水溶性なので食品の保存や調理の過程で水に溶け出してしまうのです。
しかも、熱に弱いビタミンなので食材を調理する手段によっては摂れる量は半分以下になってしまうこともあります。


そうかといって、生野菜などをたくさん食べるのはそうそうできるものではありません。そう考えていくと、調理する上でゆでる時間を最小限にするなど工夫をこらしていくのが葉酸を効率よく摂る上で重要なポイントでしょう。



妊娠と出産は、当然ながら夫婦の協力による結果です。


それはどういう事かといいますと、男性の妊活への協力は必要不可欠であるということなのです。


男性は出産できませんから、ともすると女性が頑張るしかないと思う方も中にはいるかもしれないですが、男性の頑張りが足りなければ妊活成功の可能性が低くなってしまうでしょう。
本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、葉酸は妊娠中に必要なだけでなく、授乳している間も摂って欲しい栄養素なのです。お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも盛んに細胞分裂を進めながら人としての発達を遂げるのです。
いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。

また、産後の母体が回復するためにも葉酸が必要であり、母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠を望んだときから、断乳するまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

赤ちゃんがほしいと妊活に努める方は、お守りの力に頼ってみてはどうでしょう。お守りの一つの、長谷寺という鎌倉のお寺は子宝と縁があり、そこのお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。それ以外にも、パワーストーンなんかも妊活中の女性に人気があるので試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。


どんなビタミンもそうですが、葉酸も人には欠かせないものです。よほど食生活が偏っていなければ、サプリメントなどの必要はないとされますが妊産婦、とりわけ初期は、胎児の発育にとって葉酸が不可欠のため必要な量の葉酸が毎日摂れるようでないと葉酸が足りないことになってしまいます。葉酸を摂るためのサプリメントなどの開始時期は、妊娠したとわかったときから、すぐ始めるのが胎児の発育のためには良いでしょう。
また、妊活中の女性は意識して摂取して欲しいなどと言われることもあり、まだ葉酸の摂取には早い、とは言えないのです。